アクセスランキング

あんてなジャポン

日本についての海外の反応系サイトをまとめています。また、不定期で海外の記事を紹介します。

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

緊急地震速報についての海外の反応




この一ヶ月間、多くの日本人にとって、不意にテレビから聞こえてくるあの緊急地震速報という不協和音はトラウマになったのじゃないかと思います。少なくとも僕はなりました。

どんなに仕事で疲れて熟睡していても付けっぱなしのテレビから聞こえてくるあの音を聞いてしまうと、瞬時に目が覚めてしまいました…。さすがにあれを着メロにしてる高校生と会った時には小一時間ほど説教してやりたかったですがw

さて、そんな日本の緊急地震速報(と津波警報)は、世界的にみてもかなり進んだものらしく、海外の方々の注目を浴びていました。

YouTubeについたコメントのいくつかを抜粋して翻訳します。
(ほんとにちょっとだけです)



●アメリカ
すごい! なんて完璧な警報システムなんだ。地震が始まる17、18秒前には警告してるじゃないか。アメリカにはこんなものないよ。
あと、3:17くらいの映像が怖すぎ…。なんで一瞬静かになってんだよ…。


●ギリシア
一言で充分だよ。怖い..。


●イギリス
日本に住んでいるんだけど、0:08のこの音は耳にするたびに身の毛がよだつよ…。


●イタリア
同意。こっちはイタリアでこの10日間ほどずっとNHKを見ているけどこの音が鳴るたびに地獄にいるような恐怖を感じるよ…。


●チリ
ワオ!これは本当にすごい。身を守るための貴重な時間を提供してくれるね。
チリでも絶対に同じシステムを使うべきだ。


●オーストラリア
このテレビで警報を発するという仕組みは完全に俺を魅了してる。本当にすごいよ。この動画を紹介してくれてありがとう。
あと、こんな悲惨なことになってしまった日本に心からの祈りを捧げるよ。


●タイ
アナウンサーがプロすぎじゃね?


●不明
↑自分だってめちゃめちゃ怖いだろうにすごく落ち着いていたよな。本物のプロだわ。


●アメリカ
でもしゃべっている内容がシリアス過ぎてマジで怖い…。


●アメリカ
地震が起きた瞬間の映像をノーカットで見せてくれてありがとう!
みんながコメントしているように、こんな精緻なシステムを持っている日本は素晴らしいね。



このシステム自体を称賛する声のほかには、アナウンサーの落ち着いた態度も話題になっていました。
自分だったら…と思うとただただ尊敬の念を抱くばかりです。
スポンサーサイト
関連記事

| 海外の反応 | 22:19 | comments:5 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

Pray for Japan――クロアチアのデモ隊が日本大使館前で停止。そして黙祷。

更新をさぼっている間に日本を覆う空気は一変してしまいました。
震災、津波、そして原発――今やこの国は歴史上最大の危機に見舞われているといっても過言ではないと思います。

また、かくいう自分が仙台出身ということもあり、東京で普段通り仕事をしながらも、この数週間は本当に気が気ではありませんでした。

幸い、僕の実家はだいぶ内陸部ということもあって津波の被害は免れ、タンスが倒れたり皿が落っこちたりしただけで済みました。家族もみんな無事でした。

とはいえ、ライフラインの寸断、なかなか手に入らない物資、そして絶え間ない余震。
もちろん命があるだけマシだといえますが、結構年のいった僕の両親にとってはそれだけでも充分にきつかったと思います。

*  *  *  *  *

さて、既に伝えられているように、世界中の人々が今回の震災で被害に遭った方々のために募金をしてくれたり、祈りを捧げてくれています。Pray for Japan――そんな言葉を海外のサイト上でもよく見かけました。





これらの動画は、そんな「祈り」の中でも僕が一番心を打たれたものです。

ここ最近、クロアチアでは現政権への不満から、若者を中心とした結構過激なデモが頻発しているそうですが、この日(3/12)はちょっと様相が違いました。

いつものようにシュプレヒコールをあげて行進しながらも、日本大使館の前を通りかかったとき、皆が一度足を止め、ろうそくを灯し、黙祷を捧げたのです。
それまでのお祭りのような騒がしさが、しばし嘘のような静寂に包まれました。

*  *  *  *  *

日本の将来は暗い――確かに主に経済に関わるいくつかの統計がそれを示していますし、新興国の発展にともない、世界における日本の相対的な地位が徐々に下がっていくことは多分避けることができないでしょう(もちろん日本だけではありませんが)。そしてそれに追い討ちをかけるような今回の震災です。

とはいえ、世界の中を探しても、何か不幸なことが起きた時に、これだけ「祈って」もらえる国もなかなかありません。各国の他国に対する好感度調査でも日本は毎年上位にランクされていますが、それが真実であると証明されたのが、今回の震災における数少ないポジティブな点だと思います。
関連記事

| 海外の反応 | 02:50 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。